RESERVATION
  周辺情報
  • 二二八和平紀念公園

    二二八和平紀念公園は清代に建てられて、台北市でもっとも歴史ある公園です。公園の名称は、二二八事件に由来しており、園内には記念碑や記念館があります。ギリシャ風古典建築の国立台湾博物館も園内にあって、近くには書店街として知られる重慶南路やカメラ屋の並ぶ博愛路があります。

    MORE
  • 国立台湾博物館

    本博物館の歴史は1908年にまで遡り、台湾でもっとも歴史の長い博物館です。日本時代を代表する公共建築の傑作と称されました。博物館の外形は古代ギリシャ様式を真似たもので、入口正面はギリシャ神殿の建築美を漂わせています。階段をあがるとドーリア式の巨大な柱と華麗な紋様が迎えてくれます。

    MORE
  • 総統府

    総統府は5階建ての建物を中心にしていますが、中央塔は11階の高さほどあり、敷地面積は6930平方メートルに達します。1998年には国宝級古跡に指定され、一般公開も始まりました。総統が公務を行う場所が自分の目で見られるとあって、総統と庶民の間の垣根が取り払われ、人々の間では総統への親近感がいっそう強まっています。

    MORE
  • 城中市場

    台北駅から徒歩15分位、台湾省城隍廟の近くにあります。衣類のお店が並んでて香港の女人街を思い出しました。間に雑貨や日用品のお店がありましたが、夕食後に行ったせいか全体で閉店準備が始まってました。城隍廟の向かいも市場なのか、野菜や果物、食べ物の屋台が出てました。ライチとマンゴー購入しましたが本当に美味しかったです。

    MORE
  • 西門町

    西門町の名の由来は日本統治時代に遡ります。当時人々は台北城という区域に暮らしており、もともと映画産業を中心にして発展を遂げた街です。当時ほとんどの映画館が峨嵋街、成都路、西寧南路に集中していたため、これら地域が自然と西門町の中心地となりました。、映画館はもとよりデパートやその他の娯楽施設が相次いで出現です。中華商場がオープンしてからは、西門町は名実ともに国内最大の商業娯楽活動の中心地となりました。

    MORE
  • 国立中正紀念堂

    台北市の中心部にあり、杭州南路から西、中山南路から東、愛国東路から北、信義路から南に囲まれた区域で、敷地は25万平方メートルに及びます。ここは外国人観光客がよく訪れる台北の観光スポットの一つでもあり、屋根には北京の天壇様式が採用され、建物は四方から眺めるとエジプトのピラミッドのように見えるなど、独特な設計が施されています。清廉かつ広大さを象徴する白い大理石と青い瑠璃瓦を主体にした建物の周りにはベニ花が植えられており、独特の格調高い台北のランドマークとなっています。

    MORE
  • 士林夜市

    士林夜市は台北市で最大規模を誇るナイトマーケットの一つで、各種の台湾小吃(B級グルメ)は内外にその名を馳せており、B級グルメを求めてここを訪ねる観光客は後を絶たないです。「大餅包小餅(春巻のようなもの)」、「石頭火鍋」、士林名物、ジャンボソーセージなどはグルメのランドマークにもなっています。

    MORE
  • バンカ龍山寺

    バンカ(現在の萬華)は台北市でも開発の最も早かった地区です。更に台北第一の名刹龍山寺は地元住民の信仰、活動、集会及び指揮の中心となりました。伝説によると、昔ある人が観音菩薩のお守りを一本のガジュマルの大木に掛けておいたところ、夜になると突然に光だしました。更に不思議なことにはとても霊験あらたかで願いが叶えられました。そこで信者たちは、その場所に龍山寺を建立しました。1738年に工事が始まり、1740年に落成しました。龍山寺は200年以上の間に何回も修復されたり建て直されたりしましたが、寺の作りは「回」字形をしており、伝統的な寺廟建築の中でも、たいへんに高貴な配置となっています。

    MORE
  • 師大夜市

    台北の中心部的スポット「中正紀念堂」から1kmほど離れた夜市、近くには台湾師範大学があり学生街の夜市としての魅力があります。

    MORE
  • 華山文化創意園区

    戦前に建てられた酒造工場の建物、敷地を活用した藝術空間として、人気を集めたアートスペースです。敷地内は、演劇やコンサート、映画鑑賞、個展、ショー、文化講座などを行うスペースとして開放されています。

    MORE